遠隔ヒーリング体験談/遠隔気功研究所

遠隔気功研究所の遠隔ヒーリングを受けていただいたみなさまからの声をのせています。
嬉しい結果のご報告がたくさん届きました。

遠隔ヒーリング体験談/遠隔気功研究所 イメージ画像

癌(がん)

兵藤先生には家族全員でお世話になり、丸6年になります。母の進行がんを機に、その後の父の末期がん、夫の早期がん、私自身の子宮卵巣の全摘。全て先生のサポートで全員元気に過ごしております!先日は新築したばかりの実家で、父と夫の合同誕生会を行いました。父はよほど嬉

母親の大腸癌で先生にお世話になっております。ステージ4で肝転移2ヵ所です。手術の時にヒーリングをしてもらい、大腸のほうは摘出無事完了しまして、今は抗癌剤のたびにヒーリングを送ってもらっています。不思議な事に、みなさんの体験談に書いてあるように、副作用がない

昨年暮れに、父に、肝臓や腹膜にも転移のあるステージ4の膵臓癌が見つかり、83歳と高齢で手術も出来ない為、抗がん剤などの化学療法や、漢方薬を飲んだり、温熱療法をしてみたり、と試行錯誤を繰り返しながら治療をしておりました。発覚した時点で余命3ヶ月と言われたのです

母の年齢は71歳ですが、10年ほど前から電話営業の仕事をしており、ここ数年、仕事のストレスと不規則な生活で約2年前に胃潰瘍と診断され、そのあと、医者から薬を処方されたのですが副作用があるため、できるだけ医者と薬に頼らないように、以前から続けていた生薬を飲み続

体験談を送らせて頂きます。まさに奇跡がおきました。子宮がん検診で疑陽性が続き検査の為の入院と手術が決まっていました。この数ヶ月落ち着かなくて気持ちもとても不安でした。何とか少しでもよい方向へ向かえば良いなと思い兵藤先生に遠隔気功をお願いしました。入院説明
* 配信されている広告はGoogle社によって自動的に配信されており、当ブログ「遠隔ヒーリング体験談/遠隔気功研究所」との関連性はありません。

↑このページのトップヘ