父に遠隔気功ヒーリングをしてくださいまして、ありがとうございました。

父は、多発性骨髄腫という数年前に難病にかかってしまっていました。

それが分かった時は、すで頭部の骨に8㎝以上もの腫瘍ができてしまってからでした。

数年前に他の件で頭部のMRIを撮影した際には異常がなかったので、急に病状が進行しこの病気が発覚したのです。

 

大学病院での治療は、まず頭部にできた腫瘍の細胞を取り出し検体の検査をすることでした。

こと検査では、頭部を切開するので万が一炎症が起こり、正常な脳にダメージを与え後遺症がでてしまう可能性がありました

ですが、安易に放射線治療をしてしまうことを避けるために必要な検査でした。

 

そこで、兵藤先生に早速電話し手術の時間帯の遠隔気功ヒーリングの依頼をさせて頂きました。

兵藤先生は、父へのヒーリングは初めてとのことで30分のところ1時間のヒーリングを施してくださいました。

 

検査の手術後、麻酔が覚めた父はとてもすがすがしい顔をしていたそうです。

そして、心配していた脳の炎症も起きることはありませんでした。

 

それから数日後に、3週間の放射線治療が始まりました。

8㎝以上もの腫瘍は父の脳を圧迫し、歩行や手を使うことに不便がでていました。

その腫瘍がどれだけ小さくできるか・・・脳を圧迫していることもあり、それが最大の課題でした。

 

3週間の放射線治療後、MRIで脳の腫瘍を確かめました。

画像では全く分からないくらい腫瘍は消え去り、圧迫されていた脳は元の空間にちゃんと戻っていたのです。

担当の医師もとても驚き喜んでいたそうです。

 

父はその結果にとても勇気づけられ、見るからにつらそうな副作用もありませんでした。

不便になっていた手足のリハビリも回復し、人の手も借りずに一人でトイレや洗濯を済ませるようになりました

 

私たち家族も、その思いがけない結果にとても喜びました

 

ステロイドの治療が始まり、2回目投与後に血液検査をしたところその数値も大きく改善し、医師は再度驚いていました

 

これから投薬の治療が始まりますが、病気が発覚してから現在までとても順調で最高と言える結果がでています。

 

ほんの少しでも方向が違えば、結果もまるで違うと思います。

症状によっては、副作用や後遺症が強く出てしまう病院での既存の治療は避けることはできません。

 

ですが、兵藤先生が施してくださる目では見ることが出来ないエネルギーは、最善の形でとても優しく私たちを癒し奇跡と言いたくなるような結果をもたらせてくださります。

 

そして、このような治療を知っている娘を持ち、命を繋ぎ止め活力を取り戻している父は、最高に幸せ者です。

 

兵藤先生、最高のヒーリングをありがとうございました。

先生も、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。

また、これからも何卒宜しくお願いいたします。

 

 

(関東方面への遠隔気功ヒーリング 東京 Fさん)

 

 

*********************

*遠隔気功研究所のホームページ*
脳・心・体を覚醒させる秘術・秘伝功による遠隔気功研究所です。
遠隔での気功や気功ヒーリングを行っています。
体や心の不調を感じられる方、願望実現をしたい方は、まずはお気軽にご相談ください。
当研究所は遠隔ヒーリングの専門です。
↓ ↓
「遠隔気功研究所」