小5になる息子は幼稚園の時に、多動症、軽度の発達障害と診断され、小学校入学時には地元の小学校の特別支援学級に進学しました。

学校での支援の甲斐もあり、順調に成長、発育のプロセスを経てきましたが、小4に進級した時、今まで息子を親身になって支援してくれていた担任の先生が異動になってしまいました。
それと並行して、子ども自身も反抗期を迎え、学校でも家でも、言動に数々の問題が見られるようになってきました。
そんな折り、学校での支援の方法に行き詰まった今の担任の先生から、薬の服用を勧められました。
薬には賛否両論あると思いますが、前の担任だった先生が、薬の力を借りなくても、周りの大人の関わり方次第で、子どもは劇的に良い方向へ変わるという話をしてくださっていたのが心に残っていたので、私には先生の唐突ともいえる薬の服用の打診に拒否反応を起こしてしまいました。

そんな矢先、少し前に兵藤先生のヒーリングを受けて症状が改善した友達に、息子の話を聞いてもらいました。
彼女から息子もヒーリングを受けてみてはどうかとのアドバイスを受け、正直半信半疑ではありましたが、息子に遠隔ヒーリングをして頂くことになりました。
息子自身にはヒーリングの話はせず、6日間の集中ヒーリングをお願いしました。


そしたらどうでしょう、1回目のヒーリングが終わった直後、息子が登校した日に担任の先生から、日頃の支援が行き届いていない事への謝罪と、学校での息子のある行動を褒める内容の連絡をもらいました。


息子自身にも良い変化が見られただけでなく、子どもの事を褒める心の余裕の無かった先生にまで変化が見られたのです!


これはまさにヒーリングの効果だ!と感じ、後は感謝とお任せの気持ちで最後まで集中ヒーリングを受けることが出来ました。

結果、以前に比べて、息子の反抗的な言動は落ち着き、学校でも先生との関係に少しずつ良い変化が見られていったのです。

ヒーリングを受けてからこの1ヶ月間、もちろん調子の良い日ばかりではありませんが(笑)、子どもの心の成長を確実に感じております。

兵藤先生、そして先生のヒーリングを教えてくれた友達に感謝の気持ちで一杯です。
これからも定期的にヒーリングを続けていきたいと思います。
たくさんの気づきを与えてくださり、どうもありがとうございました。



(方面への遠隔気功ヒーリング  Yさん)


*********************

*遠隔気功研究所のホームページ*
脳・心・体を覚醒させる秘術・秘伝功による遠隔気功研究所です。
遠隔での気功や気功ヒーリングを行っています。
体や心の不調を感じられる方、願望実現をしたい方は、まずはお気軽にご相談ください。
当研究所は遠隔ヒーリングの専門です。
↓ ↓
「遠隔気功研究所」