母の年齢は71歳ですが、10年ほど前から電話営業の仕事をしており、ここ数年、仕事のストレスと不規則な生活で
約2年前に胃潰瘍と診断され、そのあと、医者から薬を処方されたのですが副作用があるため、
できるだけ医者と薬に頼らないように、以前から続けていた生薬を飲み続けて胃の調子も回復していたのですが、
父が亡くなり、また仕事の過労も重なって再び体調を崩し、2か月前から急激に腹水が溜まって下半身がむくみ、食欲もなくなり
医者に行くと、胃がん・がん性腹膜炎と診断され、今からは手遅れで、抗がん剤治療等はできないといわれました。

その後、入院して点滴で栄養をいれてもらい、また腹水を抜いてもらう等は病院で診てもらってはいましたが、
一向に良くならず、仕事を休んで家でほとんど寝たきりの状態になってしまいました。


もともと、母も私も抗がん剤治療、化学の治療方法には懐疑的で、どちらからというと東洋医学、漢方、気功に信頼をおいていたので、
インターネットで気功のヒーリングについて検索し、思い切って、兵藤先生の遠隔気功研究所に連絡をして、遠隔気功のヒーリングを受けることになりました。


初日は2時間のヒーリングを受け、翌朝、母に体調を聞いたところ、なぜか気分がよくなり、お腹も空いてきたと言って、
全く起き上がれなかったのが、少し食べれるようになり、早速ヒーリングの効果を実感して、
すぐに、母と、ヒーリングを続けて受けてみたいという気持ちになりました。


そして、その後、続けて90分のヒーリングを8日間受けましたが、日に日に、気持ちが前向きになり、
少しずつ寝たきりから身体が動くようになり、食欲も、和定食のコースを食べれるようになったり、

また、近所のスーパーまで一人で歩いて出かけれるようになったり、
あと、腹水の影響で、尿が出なかったため利尿剤を飲んでいたのですが、副作用があり利尿剤をやめて様子をみていたところ、ヒーリングを初めて5日目ぐらいに、自然に尿も出るようになりました。


あと、ヒーリングを受け始めてから、いろいろとラッキーなことも起こり始めました。


ヒーリングを受ける前は、病院の医者から、もう仕事を続けるのは無理と言われ、会社に復帰できる診断書を書いてもらえなかったので、もう仕事はできないかもと、かなり落ち込んでいたのですが、突然、体調をみながら仕事をしても良いと診断書を書いてもらえることになり、早速、診断書をもって1日だけ仕事にいくことができました。

また、お店で、美味しそうな麹の甘酒があり、買おうかなと店員さんにいったら、賞味期限がきれるからと無料で出ている商品をすべていただけることになったり、等、
気分が良くなるだけでなく、運気も良くなってきた、と、母と一緒にヒーリングの効果を実感しています。


まだまだ、母の体調は一進一退で、回復するまでには時間がかかるかもしれないのですが、少しずつ体調が良い方向に向かっていること、
そして、何よりも、寝たきりで暗く沈んでいた気持ちが前向きになったことで、ヒーリングの素晴らしさを実感できました。

また、兵藤先生からヒーリングの報告をメールでいただくのですが、
メールのお優しい言葉を読んで、とても気持ちが落ち着き、前向きな気持ちになることができました。

また、今後も母の体調をみて、兵藤先生にヒーリングをお願いしようと思います。
本当に心から感謝しております。ありがとうございました。




(九州方面への遠隔気功ヒーリング 沖縄 Oさん)


*********************

*遠隔気功研究所のホームページ*
脳・心・体を覚醒させる秘術・秘伝功による遠隔気功研究所です。
遠隔での気功や気功ヒーリングを行っています。
体や心の不調を感じられる方、願望実現をしたい方は、まずはお気軽にご相談ください。
当研究所は遠隔ヒーリングの専門です。
↓ ↓
「遠隔気功研究所」